Atelier Rose Couture and Garden

2011年〜2012年制作  1/12スケール





郊外の一軒家。
自宅を改装してメルスリーを営んでいる、ここの家主。

只今、オーダーメイドのドレスを仮縫いしています。












ソーイングカウンターはアメリカ製のキットですが、
棚を足すなどアレンジを加えています。








壁に取り付けた棚受けはイギリスから取り寄せました。
職人さんがひとつひとつ作っている、まさに本物の逸品です。








シェルフの上のウサギの置物は、2年前のミニチュアショーで購入した
アメリカの作家さんのもの。



   



沢山小物を作って詰め込んだ、ソーイングボックス。
ボタンは真鍮で出来ています。








最近、私のなかでは、アルファベットの切り文字が大ブーム。
今回は【&】を飾ってみました。




  



ミシンはアメリカ製のキットをアレンジして作ったものです。







アンティークのレジスターは、イギリス製のキットを私好みにペイントしました。
ズッシリと重くて、かなり存在感があります。








端切れを入れたカゴは高橋恵子さんのもの。
ミニチュアショーで見つけた時には、ランドリールームをイメージして購入したのに…あぁ使ってしまった!!

美しい編み目で、本当に素晴らしいカゴです。





こちらは入り口の脇の棚。
今回、このドールハウスを作るにあたって、一番最初に作ったものです。







棚の側面にはベアの制作キットをディスプレイしているので、
椅子には、国本先生の講習会で作ったモールベアを座らせました。


  



棚には、ボタン箱をはじめ、アンティークのソーイングボックスを沢山並べました。


そして今回一番大変だったのは…







なんと言っても、この毛糸玉。

それぞれを個別に見る分には何の問題も無かったのですが、並べると微妙な大きさの違いが目立ち、
ピッタリと大きさが合うように、何度も何度も作り直しました。





こちらは裏の庭部分。







当初、玄関先のちょっとしたスペースを作るつもりでしたが、
置きたい小物がいっぱいあって、ガーデニングショップの様になってしまいました…(^^







お花はアメリカの作家さんのものです。







テーブルの上には、馬原昌宏さんのバラを一輪挿しに。







本当にリアルで、美しいです。
バラを挿したガラスの器は、だいぶ前に購入したとっておきの物です。











Thank you for looking !