TOP>Gallery>Little love


Little love

2011年製作 1/12スケール
W200×300




4〜5歳位の女の子、Jessica(ジェシカ)ちゃんの部屋という設定で、
淡いピンクを基調とした、子供部屋を作りました。






天井の一部分は斜めにしました。
斜めになっている天井は、洋雑誌などに載っている子供部屋でよく見かけますが、
屋根裏っぽい感じが素敵だな〜と思い、ずっと作りたいと思っていました。





黒板のドアも、以前にインテリアの洋雑誌で見かけ、
ずっと作ろうと思っていました。



 


チョークと黒板消しを入れているものは、ソープディッシュです。
ちなみに黒板に描いた文字や絵は、チョークの様な素材を使って描きましたので、
消しゴムなどで簡単に消す事が出来ます。


******************************

ジェシカちゃんはお洒落が大好きな女の子です。
この日も淡いパープルのワンピースに合わせて、靴を選んでいる所です。











パープルのワンピースはアメリカの作家作品です。





お洒落は大好きだけどまだまだ幼いジェシカちゃんは
遊び終ったカードゲームがそのままです^^






今回、子供部屋を作るにあたって、一番作りたかったのは
ベットの上にネコが寝ているという、このシーンです。
マットレス(木)を削り、ネコの重みを表現しました。

このネコは、カナダの作家Karl Blindheim氏のものです。






ジェシカちゃんの毎日の日課は、熱帯魚へのエサやり。
ピンクのスツールに乗って、エサをあげます。

熱帯魚の水槽はアメリカの作家作品です。
丸い形の水槽がとても可愛いです。

チェストはアメリカ製の無塗装のものを
クラックルメディウムを使いアンティークっぽくペイントしました。


”ママから譲り受けたチェスト”というイメージです。

******************************

今回のハウスは奥行きが長いので、
4ヶ所に照明を付けました。




(画像にマウスを合わせてみて下さい)





フォトフレームに入れた写真はヨーロッパのアンティークポストカードです。
ウサギのぬいぐるみを抱いた赤ちゃんが、すごく可愛い1枚で、
ジェシカちゃんの赤ちゃんの頃、という設定でフォトフレームに入れました。





ちなみに、ポストカードの消印は1904年。
100年以上も経ってから、遠く離れた日本で
そのポストカードを私がドールハウスに飾っていると思うと
なんだかとても不思議な気持ちになります。






ベットはイギリス製のキットです。
素敵な形なので、とても気に入っています。










一番奥の照明は布地に近いので、安全性を考えLED球を使用しています。
柔らかい生地で覆い、間接照明っぽくしました。



全体です。

外側にはカバリーニのおもちゃ柄ペーパーを貼っています。









Thank you for looking !